TOPページ 学校紹介 校長室より 学校行事 学校ISO 生徒会
安全マニュアル 給食室より 保健室より 図書室より PTA活動 リンク


学 校 長 挨 拶


  校長室にようこそ

 城東中学校は、昭和62年に北中学校から分離して開校した学校で、昨年度30周年を迎えました。現在は、全校生徒397名の中規模の学校で、「挨拶・清掃・ボランティア」を合い言葉に頑張っています。
 今年度から、「城東中は団体戦で頑張ろう」ということを、折に触れ生徒に話しています。
 そして、授業、学校行事、生徒会行事、部活動等に、一人一人が力を出し合い、互いを認め合い、高めあい、将来に希望を持ちあえる学校づくりを目指しています。

第12代校長 半 田 松 雄 (はんだ まつお)



学校通信「こころ合わせて」

第1号  第1号(裏面) 第2号 NEW



学校経営について


T学校の教育目標


(1)自ら考え、進んで学び、創造する生徒
(2)心豊かで思いやりのある生徒
(3)明朗でたくましい生徒


U学校経営方針


基本方針
 『互いを認め合い、高めあい、将来に希望を持ちあえる学校づくり』
  ・お互い切磋琢磨し、人生を切り拓こうとする生徒を育成する。
  ・「城東中は団体戦」を合い言葉に、授業、学校行事、生徒会行事、部活動等に、集団で高めあう。

具体方針
○「確かな学力」が身に付く学習指導の推進
  ・学習意欲を高め、個をのばす学習指導の充実
  ・基礎的・基本的な学習内容の確実な定着
  ・家庭学習の充実

○「豊かな人間性」をはぐくむ教育活動の推進
  ・人間関係形成力の育成とボランティア活動の充実
  ・いじめの早期発見、早期対応、生徒の主体的ないじめ防止活動の推進
  ・キャリア教育の充実(自分らしく生きるための支援)
○「健やかな心と体」をはぐくむ教育活動の推進
  ・基本的生活習慣の確立
  ・交通事故や自転車による事故防止対策の徹底
  ・部活動の充実


V具体的な努力目標  


○学年、学級経営の充実
  ・生徒各自が自己肯定感の持てる学級をつくる。(Q-Uアンケート2回実施予定)
  ・うなずきや声かけにより、生徒の存在を認める。

  ・興味や関心、良さを認め目標を持たせる。
○学習指導の充実
  ・全員が授業に積極的に参加できるよう、きめ細やかな指導の手立てを講じる。
  ・「わかる授業」「できる授業」を目指し、生徒の実態に合わせた教材研究に努める。
  ・生徒の意欲を大切にする授業づくりに努める。
○開発的生徒指導の充実
  ・一人一人の個性や立場を尊重し、一人一人の力を引き出す前提として、居心地の良い学校のルールを定着させる。
  ・道徳教育、人権教育を充実することにより、励ます言葉遣い、認め合う態度を育成する。
  ・いじめ、不登校防止に向けて予防対策の充実、早期発見、早期対応、早期解決を徹底する。
  ・生徒の活動をしっかりほめることを大事にする。
○安全教育の徹底
  ・交通事故や災害への適切な対応を考えさせ、自分の命は、自分で守る、みんなの命はみんなで守ることを徹底する。
  ・熱中症、首からの上の怪我は、即座に救急車対応をする。
  ・震度5弱以上の地震発生時、学校待機及び安全確認後の下校を徹底する。
○教育活動の工夫
  ・地域、保護者の方々と良いつながりを大切にし、指導の工夫に努める。
  ・生徒が活躍し、よさや能力を発揮できる学校行事を工夫する。
  ・通級教室や相談室の柔軟な活用により、困難さを抱える生徒へ個別の対応を図る。
○ISO教育の推進
 ・生徒の自主的、主体的な活動を中心に、全校体制で、地球環境を考えた行動がとれるようにする。