5月25日(月)

14時28分頃
 本日14時28分頃、埼玉県北部を震源とする地震が発生し、太田市でも「震度3」を観測しました。
 休泊小学校では5時間目の授業中で、2階の教室では、ゆっくりと校舎が揺れる感じがしました。熊谷では「震度4」だったそうで、「震度3」以上の体感でした。
 子どもたちはすばやく机の下に潜り、とても落ちついて避難できていました。いすの脚をしっかり手で押さえている子も見られました。2つとなりのクラスで先生が、「おしゃべりをしないよ。」と話す声がよく聞こえるほど、静かに揺れが収まるのを待つことができました。
 ちなみに太田市では、「震度5弱」以上の場合、児童の「引渡し」を行うことになっているので、今日は普通に下校することが出来ました。


教室の様子を少しだけ動画でご覧下さい。
 
クリックWindows用動画
(wmv)


クリックスマートフォン用動画
(mp4)


   震源が埼玉県北部と近かったので、P波とS波がほぼ同時に来て、それが大きい第1波目の揺れと感じました。そのために、次にもっと大きい揺れが来るのではないかと緊張し、ややうわずった声で、早口に子どもたちに指示を出しました。」
 「トイレに行っていた子が、教室に駆け戻ってきて、あわてて友だちと同じ机の下に潜ったのが印象的でした。やはり怖かったのでしょう。」
 「教室には、解像度の良い「デジタル一眼レフカメラ」も置いてあったのですが、私も少しあわてていて忘れてしまい、ポケットに入っていた「コンパクトデジタルカメラ」の方で撮影をしました。」
 「一方、さすがに職員室からの教頭先生の放送は、落ち着きがありました。」 (撮影者談)