8月6日(木)

 5年生の教室で、黒板の塗り替えが行われていました。下塗りをして、傷のついているところをパテで埋めて平らにしてから、仕上げ塗りをするという仕事内容です。予算の関係もあり、1つの学校で塗り替えをするのは最小限の枚数(数枚〜5、6枚程度)ですが、2週間以上かけて、市内の各学校をまわっていくのだそうです。