3月10日(金)


 6年生が小学校の校舎で過ごす週末も、あと2回。
 今日の5時間目は、「卒業奉仕作業」が行われました。体育館のギャラリーや物置など、普段なかなか手が届きにくい場所の掃除ばかりでなく、在校生のために、全クラスの配膳台の掃除もしてくれました。
 

   

 「卒業奉仕作業」終了後の教室では、「卒業記念製作」が行われていました。デザインを仕上げた後、機械を入れて、掛け時計が出来上がります。 

 
  放課後、玄関に置かれた「卒業記念樹」を卒業生が手にして、大切そうに持ち帰る姿も見られました。あと少しで卒業になることを実感する学校生活の1コマです。