5月9日(月)

 休泊小では、昨年度末から、PTA会長さん(現 顧問さん)が橋渡しをしてくださり、専門知識や技能を有する大泉高校の先生方や生徒さんにお世話になって、「休泊小学校園芸大作戦」が行われています。
 今日は、2年生のミニトマトの苗植えに、たくさんのご協力をいただきました。
 

 3月に(1年の時に)初めて顔合わせをして、いっしょに種をまいたミニトマトを、大泉高校で育成してくださり、立派な苗に仕立ててくださいました。

 事前に下見や打ち合わせをしていただき、苗植えの仕方を分かりやすく説明してくださいました。

 苗をポットから出し、植木鉢に移しかえるときには、しっかりと全体を見守ってくださいました。

 困っていたり、手間取っていたりすると、ひとりひとり、丁寧に教えてくださいました。

 さすが、プロ!土の入れ具合など、しっかりチェックが入ります。

元肥や水やりの仕方もしっかりと教えていただきました。

         
 各活動についての時間配分が十分考慮され、後始末や清掃、事後指導にまでお気遣いいただきました。大変すばらしい体験をすることができました。地元の新聞社の方も取材に見えて、代表の子どもさんにインタビューをしている場面も見られました。ありがとうございました。(このページは、群馬県立大泉高校の担当の方の許可を得て撮影やWebページへのアップロードをしています。)