7月25日(月)〜  
     29日(金)

 夏休みの学校では、第1日目。子どもたちも、職員も、それぞれに元気に有意義な夏休みを過ごしています。

 朝8時を過ぎると、太田市子どもプラッツの子どもたちが、学校にやってきます。玄関が開いても、受付の指導員さんが見えるまで、行儀良く外で待っています。
   

 その頃、校庭では、小学校陸上大会に参加を希望する子どもたちが、早くも「陸上練習」を始めていました。 
 
   
 9時〜サマースクールでした。28日までの5日間、たくさんの子どもたちがサマースクールでがんばっていました。最後の日は、「力だめし」のプリントをしているクラスもありました。
 
   

 プールやサマースクールと併行して、図書館開館日には、図書担当の先生が、夏休みの読書のための貸し出しをしています。本校では、「親子図書館」ということで、お子さんと来校する保護者の方向けの図書もある程度用意されています。
 図書担当の先生による「読書についての相談」や、書籍の状態チェックや管理も行われています。 

 梅雨明けとなり、プールは、各学年の実態に応じて、検定に向けての練習が進んでいます。

 伏し浮きやけのび、バタ足をがんばる低学年
泳力に応じた指導の中学年 見事なクロールの高学年

 27日(水)は、先生たちの体育実技やダンスの講習会のため、サマースクールやプールはお休みでした。先生たちも勉強しています。
       
 午後、裏校舎(北校舎)の3階では、音楽部が練習を重ねています。楽器別に分かれての練習や、上級生が下級生を指導する練習も見られます。 
 
   
 ※水泳の特別練習は、学校での練習から、東毛サマーランドでの「大会に備えての現地練習」になってきています。