10月19日(水)

 今日は、2年生が合同体育の時間に、初めて実際の持久走大会のコースを使って、練習を行いました。

 はじめに、みんなで並んでコースを歩いて、先生から1か所1か所注意しなければならない点や、走るときの約束を聞きました。

 次に、先頭に立つ先生がペースメーカーになって、ゆっくりコースを走りました。ペースを上げて追い抜くのは禁止で、ペースが速すぎると感じた場合は、遅れても良いという約束で走りました。

 昨年の2年生の先頭は、800mのコースを、3分30秒ほどでゴールしましたが、今日の先生のペースは、5分30秒ほどでしたので、ほとんどの子どもたちが遅れずにゴールすることができました。