11月17日(木)



 6時間目の委員会活動の時間に、大泉高校の先生方や生徒さんにおいでいただき、特別講師をお願いして、平成28年度版「休泊小学校園芸大作戦 パート3」が行われました。
 今日の作業は、1、2年生が植えることになっている「パンジー」の苗を育てるための種まきでした。このパンジーは、卒業生を送り出し、新入生を迎えるため休泊小に飾られます。
 低学年のために高学年が活動し、それを高校生のみなさんが支援してくださるという、3世代間の交流教育活動です。
 

 はじめに、大変細かな種を扱う作業なので、自作のフリップボードを使っての詳しい説明をしていただきました。

 種をまくときには、改めて、ひとりひとり、丁寧に教えてくださいました。時には教え、時には見守り、時には手伝いと、絶妙な間合いで一緒に活動していただきました。

 腰をかがめたり、立てひざをしたりなど、小学生の目線に合わせて活動してくださる姿に、高校生のみなさんのやさしさや思いやりが表れていました。 

クリックWindows用動画
(wmv) 
  
 クリックスマートフォン用動画
(mp4)
  
   
 
 事前の準備から、後始末までお気遣いいただきました。今回も大変すばらしい体験をすることができました。ありがとうございました。(このページは、群馬県立大泉高校の担当の方の許可を得て撮影やWebページへのアップロードをしています。)