3月22日(木)

 明日は卒業式。
 今日の学校は、イベント(?)が目白押しの1日でした。

 6年生は、卒業式の最終練習や学年集会、タイムカプセルの設置についての話し合いなどをしたあとで、1年生の所に、以前読み聞かせをした「ハッピーブック」のプレゼントをしに、代表者が出かけていきました。
 
 
 午前中に、低学年の子どもたちが用意したパンジーやビオラ、チューリップの植木鉢を、4年生が体育館のまわりに飾ってくれました。 

 
 今日は、6年生にとっては小学校生活最後の給食。そして、今の給食室とも、お別れの日です。(明日の給食室は、卒業祝いの紅白もちを配るだけの場所になってしまいます。)
 6年生の各クラスは、思い思いの様子で給食を味わっていました。中には、最後の思い出にと、お祝いのお赤飯をてんこ盛りにして食べている女の子!!もいました。
 黒板に早くもお別れのメッセージが書かれているクラスや、卒業制作のオルゴールが、名残惜しそうにロッカーの上に飾られているクラスもありました。

 
 
 
 
  いつものように清潔に掃除され、整理・整頓されて、食器の洗浄が行われている給食室ですが、まもなく静かに火が消えていきます。食器が返されるのを見守りながら、「できるだけ解体されるまでこのままにしておこうよ。」と話す学校栄養士の先生の声も、少し寂しそうです。
 
  若手の男性職員の手によって、サッカーゴールが撤収されました。(今年度のサッカーの授業も今日でおしまいですし、明日の卒業式には、たくさんの方が校庭に車を置かれますので。)
 
 
  午後、5年生が中心となって、職員も総出で、卒業式の会場準備や、玄関や来賓控え室など、いろいろな場所の大掃除が大変入念に行われていました。
 
 
 夕方、校庭のサクラの木のところで、なにやら作業をしている先生たちの姿がありました 
 作業していた先生たちが去った後には、何とサクラの花が咲いていました!!(もちろん本物の学校のサクラです。)
       

クリック
この謎解きについては、ぜひこちらをクリックして、ご覧
    ください。