4月17日
(月)

 今日から1年生の給食がスタートしました。
 みんな給食をお友達と食べるのが、とっても楽しそうでした。各クラスには、しばらくの間、担任以外に、補助の先生がついてくれます。
 教頭先生も、各クラスの様子を見に来てくれました。
 いよいよ「給食デビュー」です!!

 給食着の着方から、手の洗い方、歯磨き用のコップの用意の仕方まで、ひとつひとつ丁寧な事前指導がありました。

 給食当番みんなでならんで、「給食列車」を作り、給食室に向かいます。給食室では、調理員さんや、学校栄養士さんが出迎えてくれます。
 なお、本校では、給食調理は民間委託となっていますが、調理施設は学校内にあり、専門の学校栄養士の先生も配置されていますので、温かくて美味しい、できたての給食を食べることができます。 

 1年生にとって一番の難関は、やはり階段です。友だちと歩調を合わせて、先生に手助けしてもらって、 一歩一歩上っていきます。


 盛りつけや配膳の方法も先生に教わりましたが、家や幼稚園・保育園で経験をしている様子で、みんな結構上手でした。ただ、お盆の上での、食器の並べ方は、ひとりひとり、ご飯は左、お箸は手前・・・・。などと注意がされていました。
 待ちに待った「いただきま〜す。」
 
 どのクラスも、とても美味しそうに食べています。

 食べている間に、片付けの時間や、ストローの使い方のルールの説明もありました。

 食器の片付け方や牛乳パックの開き方、給食着のたたみ方・しまい方・・・・ひとつひとつ丁寧な指導が続きます。みんなよくがんばっていました。(給食に箸を付ける前に、「苦手なものは減らしても良いよ。」と、先生からの天使の一言がありましたので、残菜は、ほとんどありませんでした。早めに全部食べ終わって、お代わりができたお友達も、たくさんいました。) 
 今日は、牛乳パックは、口の部分を開いて洗うだけでした。全体を開くのは、この後の学習になります。

 最後の難関は、みんなで「給食列車」を作って無事に食器や食缶類を給食室に返すことです。ここでも、細かい指導や支援が続けられていました。この時期、6年生が教室の掃除に来てくれているのですが、自分たちで簡単な掃除にチャレンジしているクラスもありました。