5月2日(火)


 大型連休の合間ですが、風薫る5月、今日の給食は、ちらし寿司風の「五目ご飯」、紅白はんぺんのすまし汁、厚焼き卵、乳酸菌飲料そして柏餅という、毎年のお楽しみの「こどもの日」メニューでした。
 柏餅は、衛生上の配慮から個別包装され、柏の葉(ただし、予算の関係等でビニル製でしたが、葉脈までしっかりと入った、雰囲気抜群のものでした。)に、ちゃんと包まれていました。
 給食の合間には、先生からの「乳酸菌飲料の片付け方の説明」や、美化委員からの20分休みに行われた、「美化チェック」の結果の発表がありました。


 
 給食の先生方は、いつでも限られた予算の中で、少しでも季節感あふれる食事を提供しようと努力しています。休泊小の子どもたちの健やかな成長を願う心が、よく分かる給食でした。1年生も、少しずつ給食の流れに慣れてきました。