7月7日(金)

 今日は、七夕。九州の方などでは、雨の影響が心配ですが、休泊小学校は、天の川の流れも穏やかそうな、良い天気の一日でした。

  3、4時間目は、太田養護学校のお友達をお招きしての「七夕交流集会」が行われました。
 2校の仲間がいっしょの竹に短冊を飾り、願いごとの発表をした後は、七夕の劇を見たり、楽しくダンスをしたりして交流しました。
   この交流は、35年以上も続けられているもので、新任の時に養護学校にいて、交流が始まった最初の年に休泊小学校を訪れた職員が、今度は、退職を間近にひかえて休泊小学校に来て、養護学校のみなさんをお迎えしている例もあるほどです。
 養護学校の校歌を弾く音楽部のオーケストラの中には、職員も参加し、ティンパニを演奏している姿が見られました。



 
 
 
 
 
 



 給食は、「七夕メニュー」でした。「星のハンバーグ」、「七夕ゼリー」、「七夕スープ」で、スープの中には、天の川に見立てたそうめんと、星に見立てたオクラの輪切りが入って、小さい宇宙ができあがっているしかけでした。
 
 放課後、七夕飾りの飾られているクラスもありました。咲き始めたホウセンカや、大きく咲いたひまわりを見ながら、下校していく子どもたちの姿が見られました。
   


  クリックWindows用動画
(wmv)
 


  クリックスマートフォン用動画
(mp4)


クリックWindows用動画
(wmv) 



クリックスマートフォン用動画
(mp4)

 

※太田養護学校の校長先生の許可を得て、撮影やWebページへの掲載をしています。