8月10日(木)
   17日(木)
   18日
(金)

 今年度は、14日(月)〜17日(木)まで(前後の祝日等も入れると、11日〜17日まで)学校は、「完全閉校期間」でした。
 しかし、その前後や、期間中でも、学校は、さまざまな表情を見せていました。

   8月10日(木)
 日直の先生が戸締まりの点検にまわった後、責任感旺盛な教頭先生が、もう一度全校の見まわりをしていました。
 給湯室では、校務員の先生が布巾や茶器などの大掃除中でした。(完全閉校期間中も、動植物の世話のため、何人かの先生は、学校に足を運びます。)
 お盆期間中や、その前後の給食室工事の打合せをしている方の姿も見られました。
 
   8月17日(木)
 ひと足早く、「太田市子どもプラッツ」が、再開しました。さすがに利用者の人数は少なく、使っている教室はひとつだけでした。
 
  同じく、8月17日(木)
 給食室の新築工事は、本格的に再開されました。来週の火曜日からは、水道管の工事のため、中庭から北校舎玄関前付近にかけて、アスファルトをはがして、地面を掘る工事が行われる予定だそうです。

   8月18日(金)
 完全閉校期間明けの学校では、朝から、明日からの新人戦に備えて、ボランティアのお父さんたちに指導され、熱心に練習に打ち込む野球部の姿が見られました。
  
 
 
  「太田市子どもプラッツ」の教室では、指導員の先生方が、
「利用する子どもさんが、まだいくらか少ない。」というチャンスを活かして、ひとつずつ教室を大そうじしていました。子どもさんたちは、ゲーム大会(?)や、雨のやみ間を見つけての、校庭でのボール運動などをしていました。 


   給食室の「新築工事現場」では、なにやら真剣に打合せの最中。    ↓     
       ↓
       ↓
       ↓
南校舎西側の新しい部分の校舎にある水道やトイレは、工事の関係で、8月31日まで使用できません。
.

 21日(月)の「登校日」に、都合で来られないお友だちが、夏休みの宿題を出しに来る姿が、何人か見られました。
 なかには、「太田スポーツアカデミー」に入っていて、その日は、埼玉の○○ドームで中国とのソフトボールの国際試合に出るためお休みしますという、得難い体験を予定している場合もあるようでした。