8月28日(月)


 朝、教頭先生と本校の「生物兵器担当」ではなく、「生き物担当」の先生が、小さな赤い缶を手にして何やら打合せ中。
 実は、先日の職員作業で整理した部屋を、「児童会室」として整備するために、しばらく資料室としてしか使っていない部屋だったので、用心のため、燻煙殺虫剤を使った防虫作業をするための話し合いでした。
 細かいことはまだ煮詰まっていませんが、この後、特に支障がなければ、机やいすなどを運び込んで、「児童会室」(?)として再活用できることになるかも知れません。

 誤作動しないように、火災報知器は、しっかりカバーをしてから作業を開始ます。

 点火後しばらくすると、短い時間でしたが、驚くほどの勢いで煙が出てきました。