3月15日(金)



 卒業式まであと1週間。朝の始業前、3年生が体育館に集まり、来年度のクラブ編成を行っていました。
 20分休みには、6年生が心を込めて手縫いした布巾が、「感謝の品」として職員室に届けられました。
 「布巾」と言っても、ひと針ひと針、相手のことを考え、卒業までの小学校での日々を思い出しながら刺繍したすばらしいデザインがされています。
 職員室ばかりでなく、お世話になったいろいろな方に、休泊小学校の卒業生の感謝の印として届けられます。
 体育館では、いよいよ佳境に入ってきた卒業式練習に熱心に取り組む高学年の姿が観られます。また、お楽しみ会をしているクラスもありました。 
 放課後、校長室では、他の教室より一足早く、ワックスがけが行われていました。