4月16日
(月)

 今年度は、今週から1年生の授業が4時間目までとなり、給食もスタートしました。
 4時間目は、給食指導の時間となり、用意から後片付けまで、その場その場で、順を追って、じっくりと教えてもらいました。みんなと給食を食べるのが、とっても楽しそうでした。各クラスには、しばらくの間、担任以外に、補助の先生がついてくれます。
 ついに1年生が、「給食デビュー」を果たしました。

 給食着の着方から、手の洗い方、歯磨き用のコップの用意の仕方まで、ひとつひとつ丁寧な事前指導があり、給食の準備が整いました。

 給食当番みんなでならんで、「給食列車」を作り、給食室に向かいます。給食室では、調理員さんや、学校栄養士さんが出迎えてくれます。本校では、重い食器や熱い食缶を給食当番に安全に手渡しするため、管理職を始めとする補助の先生も待機しています。
 なお、休泊小学校の場合、給食の調理作業は、民間委託となっていますが、毎日、心を込めた調理がされています。調理施設は学校内にあり、専門の学校栄養士の先生も配置されていますので、温かくて美味しい、できたての給食を食べることができます。 
 待ちに待った「いただきま〜す。」
 
 どのクラスも、とても美味しそうに食べています。

 お祝いデザートには、パッケージに、サクラ、文房具、バラの花などバリエーションがあって、新1年生の目を楽しませてくれました。ここでも、給食関係の職員の方々の、温かい心遣いが感じられます。
 
 食べている間に、片付けの時間や、ストローの使い方、歯みがきなどのルールの説明もありました。

 最後の難関は、みんなで「給食列車」を作って無事に食器や食缶類を給食室に返すことです。ここでも、細かい指導や支援が続けられていました。20日までは、6年生が教室の掃除に来てくれているのですが、自分たちで簡単な掃除にチャレンジしているクラスもありました。