7月24日
(火)〜  
     27日(金)

 夏休みの学校では、子どもたちも、職員も、それぞれに元気に有意義な毎日を過ごしています。


7月24日
(火) 
 
 プールは、各学年の実態に応じて、検定に向けての練習が進んでいます。自由時間も、たっぷりあります。 

  今年度、低・中学年に対して、英語に親しむ時間を増やす夏休みの「イングリッシュプログラム」が、行われています。

 
午後の多目的室では、先生たちの勉強会が行われていました。

7月25日
(火) 
   一心に学習している、6年生のサマースクール

今日のイングリッシュプログラムは、1年生対象でした。  

 
  校庭の整備工事は、コーンが立てられ、いよいよ本格化してきそうです。

給食室の工事も、いよいよ本格化しました。 
   
  旧給食室の解体工事現場に、太田市の中央消防署と東部消防署のレスキュー隊員の方々と、消防学校の方が、レスキュー車2台、支援車2台で、おいでになりました。
 消防学校で訓練のために作る仮設小屋の材料に、旧給食室の窓やドア、窓枠などが再利用されるのだそうです。また、実際の家屋の構造を知り、窓やドア、窓枠などを解体することも、良い訓練になるのだそうです。
 職務に熱心で、あらゆる機会を使って訓練を充実されていることに、頭が下がる思いです。市民の安全を担っておられる方々の、このような努力の上で、安心なくらしが営めることに改めて職員一同、感謝したいと思いました。
 

7月26日(水)

 お隣の熊谷市で、先日日本最高気温が更新された話題で持ちきりですが、今年度のサマースクールも今日が最終日とあって、みんな暑さに負けずに、がんばって学習をしていました。
 
 あっという間に、旧給食室は、廃屋然としてきました。窓を外すのは簡単でも、窓枠を外すのは、とても大変そうです。 
 

校庭には、運動会の時のようにロープが張られました。 
  プール利用者は、お隣の熊谷市で、日本最高気温が更新された23日には、377人を数えましたが、曇りで、例年並みの気温になった今日は、314人でした。

 
 
7月27日(金)   太田市の全ての小学校の先生たちの体育実技やダンスの講習会のため、今日のサマースクールやプールはお休みでした。