学校紹介

あいさつ


                             学校紹介(あいさつ)

 本校は明治7年5月、下山田12カ村結社「発蒙社」(矢場恵林寺)第一分校として竜舞村神応寺に開設されました。
 学校名である「休泊(きゆうはく)」という地名は、「大谷休泊」(1521年〜1578年)という人名よりつけられました。
 大谷休泊は、上野国(群馬県)の農政を行った人で、1570年には、休泊堀(用水路)が作られ、東毛地域は、これをきっかけに大規模な開発が行われ、発展していくことになりました。

 本校の学校教育目標は、「こころ豊かでたくましい子」の育成を掲げ、

 ・ 自ら考え実行できる子
 ・ 思いやりの心をもった子 
 ・ 規律正しくやりぬく子


をめざす児童像としています。
 開校143年目を迎えた平成29年度は、27学級、児童数718名で、スタートし、子供たちは、様々な教育活動に笑顔で元気いっぱいに取り組んでいます。
 「子供のために子供とともに」を合言葉に、保護者や地域の方々と学校が連携し、郷土を愛する開かれた信頼される学校の実現に向けて努めています。

 平成29年4月1日

                                          
校長 岡田 智






学校の沿革

明治7年5月下山田12ヵ村結成「発蒙社」(矢場恵林寺)第一分校として竜舞村神応寺に開設
19年4月龍舞尋常小学校と改称
10月龍舞村101番地に木造校舎増築
27年3月休泊尋常小学校と改称(3ヵ村分離、休泊村となる)
34年 学校を現在地(大字龍舞3328番地)に移転
35年4月敷地2318坪(7649平方メートル)に195坪の校舎一棟を新築、休泊尋常高等小学校と改称、花崗岩の正門設置
昭和16年4月国民学校令施行により休泊国民学校と改称
22年4月新学制施行、休泊村立休泊小学校と改称
28年 校章制定
32年4月太田市合併、太田市立休泊小学校と改称
35年7月プール落成
36年4月特殊学級開設
40年3月校歌制定(寺山修司作詞、海沼実作曲)
4月県音楽研究指定校
49年5月 鉄筋コンクリート三階建校舎新築、総面積1975平方メートル
52年3月体育館新築、総面積761平方メートル
57年10月文部省指定心身障害児理解推進校実践発表会開催
60年3月鉄筋コンクリート3階建校舎新築、総面積2220平方メートル
61年11月主体的学習研究発表全国大会開催
平成   元年 3月 南門(大谷石)設置
2年4月小鳥小屋完成(PTA寄贈)
3年4月市道徳教育研究指定校
5年1月空き缶処理機導入及び収納庫完成
8年3月バスケットポール・ゴール完成(PTA寄贈)
11年2月南校舎大規模改造工事完了
12年4月緑豊かな学校づくり事業(特別活動室南及び北門付近)完成
10月コンピュータ室の機器をインターネットに接続、利用開始
16年3月鉄筋コンクリート三階建校舎増築(南校舎)総面積1192平方メートル
3月体育館床改修工事完了、南校舎ベランダ床改修工事完了
17年9月普通教室扇風機設置
12月エアコン設置工事(親子図書室、音楽室)
18年4月スクールバス運行開始
8月図書室の改修(普通教室2教室)
19年3月体育館建設のためのプール解体
8月すぎのこ学級エアコン設置工事
20年3月体育館・プール新設・砂場・鉄棒・滑り台設置
12月旧体育館解体・駐車場設置
21年3月プール東駐車場拡張
22年2月Kid's ISO14000Programme FOR SCHOOL の国際認定証受賞
23年6月グリーンカーテン設置
25年3月鉄筋コンクリート3階建校舎増築(南校舎)総面積1127平方メートル
28年 11月 群馬支部教育実践 研究論文 「奨励賞」 受賞 
11月 群馬銀行環境財団教育賞 「優秀賞」 受賞

校 歌

休泊小学校

休泊小学校の校歌です。

作詞は詩人であり、劇作家の寺山修司さん、作曲は「里の秋」などの作品のある海沼実さんです。

MIDIを開く

1.空を流れる
  あの雲に
  大きくかこう
  我が理想
  赤城を北に
  腕組んで
  呼ぼうよ高く
  母校の名 おお
  その名は
  休泊小学校
2.賀茂の社の
  杉の木に
  深く刻もう
  友情を
  利根の川まで
  とどくほど
  呼ぼうよ高く
  母校の名 おお
  その名は
  休泊小学校
3.関東平野の
  青い麦
  ふまれてのびる
  わが希望
  金山こえて
  どこまでも
  呼ぼうよ高く
  母校の名 おお
  その名は
  休泊小学校















休泊小学校






 





最初のページにもどるよ!