校長あいさつ


本校の教育目標
「確かな知性・豊かな人間性・たくましい心身を培い、高い志をもち、自ら未来を拓く生徒を育成する」

目指す学校像
1 夢や好奇心をもち、楽しく学べる学校
2 中学・高校の目標に向けて仲間と学び合い、高め合える学校
3 夢中になれる体験、仲間と感動を共有する体験ができる学校

 本校は2012年4月東毛初の中高一貫校として、開校以来一貫して「未来を拓く」をキャッチフレーズに、教科等の学習はもとより、様々な行事を通して、「自ら考え、行動する生徒」「困難に負けずに何事にもチャレンジする、心身ともにたくましい生徒」を育てるために教職員一丸となり教育活動に取り組んで参りました。
 そして、本校での様々な「本物の体験」をとおして力を身に付けた生徒が、一貫校である市立太田高校に進み、自身の夢の実現に向けさらに力強く進んでいけるよう、中高で連携を図りながら、6年間の一貫した教育を行って参りました。
 これまで1期生から8期生までが市立太田高校に進学していきましたが、すでに高校を卒業した生徒は、それぞれ進学や就職において、たいへん素晴らしい実績を挙げております。これは、太田中学校と市立太田高校の6年間の一貫した教育プログラムで、生徒たちが着実に力を付けた結果であると言えます。
 これらの生徒の活躍は、いずれも本校の3年間で様々な経験をする中で、論理的な思考力や判断力、そして、自分たちの思いや考えを豊かに表現する力を身に付けて高校に進学した成果が現れた結果であります。
 昨年、本校は開校10周年の節目の年であり、今年はこれからの10年先を見据えた新たな一歩を踏み出す大切な1年となります。新型コロナウィルスや不安定な国際情勢など、先行き不透明な状況ではありますが、生徒の健康と安全を第一に考え教育活動をすすめて参ります。そしてこの一年が、生徒にとって充実した思い出多き年となるよう、教職員一同全力で取り組んで参ります。
 これまでも、保護者と共に歩み、生徒とともに成長を続けてきた太田中学校です。今後も中高一貫校である本校の教育理念をご理解いただき、本校ならびに市立太田高校の教育に対する温かいご支援をいただきますようお願いを申し上げます。
                                  令和4年4月1日
                                  太田市立太田中学校長 武井 英伸